【どうぶつの森】村づくりと自由な暮らし、どっちのコンセプトのぶつ森が好き?スマホアプリではどうなるか見物だな・・・!

    • 2017年03月13日

    森

    58 名前:しずえ速報:2015/11/26(木) 14:00:14.20 ID:1sP

    動物たちが暮らしてる森にお邪魔する、んだから、
    プレイヤーの思い通りにはならない事が多くて良いとは思うけど
    誰かが大切にしてるものをぶち壊してまでそこに家を建てたいのか、って問題が
    村長システムで、被るようになってしまったね

    一方的なお使いにしろ、会話パターン減らしてアイテム増やすバランス感覚にしろ、
    とび森は、住人との交流や生活を楽しむゲームを目指してはいなかった気がする
    ドールハウスや箱庭にお人形を置く感覚に近づいた


    タヌキに化かされて迷い込んだ山の里で
    気ままな動物たちとのんびり暮らしたい
    このコンセプトを変えるなら、そう宣言して欲しい




    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/handygame/1441971172/

    60 名前:しずえ速報:2015/11/29(日) 12:36:46.93 ID:L+v
    公共事業も利用して、本格的な村づくり
       ↑
       |トレードオフの関係
       ↓
    住民が自由な場所に引っ越しして来る



    61 名前:しずえ速報:2015/12/01(火) 13:53:31.75 ID:l+F
    >>60
    移動や作り替えできれば解決じゃね?
    道とか施設とか果樹とか、自分の家とか
    つうか果樹やら埋まってる物やらどけたら市役所に預けとけっつの



    76 名前:しずえ速報:2015/12/26(土) 12:21:07.73 ID:91o
    公共事業の周りの余分なマスなくしてほしい
    あれのせいで思ったところに設置できない



    77 名前:しずえ速報:2015/12/26(土) 13:22:37.01 ID:nV+
    >>76
    これだけは色々な理由で反対します



    80 名前:しずえ速報:2015/12/26(土) 18:26:57.79 ID:+Sc
    >>77
    ちなみになんで?



    81 名前:しずえ速報:2015/12/26(土) 19:34:56.18 ID:nV+
    >>80
    わかり易い例として
    建造物の周囲のバリアを無くするということは、家のバリアも無くなる
    そうすれば、家の前に隙間なく家を作られてしまったら、出入り不可能になってしまうし
    橋の出入り口だったら、完全に塞がれて通行不能になってしまう事も起こり得る
    その他にも、まだこうした不都合な事例も色々あるだろうね



    83 名前:しずえ速報:2015/12/26(土) 23:55:04.90 ID:bnI
    >>81
    なるへそ、確かに全部制限なくすとやばいな
    でも俺はベンチを並べて置きたいんだよな...
    家とかの建物の入り口、石畳の上、橋の近くは制限付きとかにしたらいいんじゃないかなぁ



    86 名前:しずえ速報:2015/12/27(日) 18:01:02.34 ID:MHN
    公共物によって並んで設置できるものとできないものを分けて作ればええやん。


    ファミコン家具とか、古参ファンに向けたファンサービスは有料で出せば良いと
    思う。嫌儲厨の叩きを気にし過ぎ。まあ、オタ文化系の商品は叩きとかの影響が
    売り上げに響き易い市場だから、避ける傾向を持つのも間違ってないと思うが。
    でも一番非道なのは出さないことだと認識して欲しい。課金DLCでもアンロック商法
    でも無い限り、やっぱり作って貰えたって喜ぶもんだ。
    古参向けのみに絞るのは相手がガキじゃないから。



    87 名前:しずえ速報:2015/12/28(月) 18:40:45.02 ID:0Kn
    >>86
    課金でアイテム購入しても増殖されるからなー
    商店街に課金した人用にゲーセンをオープンするとかなら良い対策になると思うけど



    88 名前:しずえ速報:2015/12/28(月) 20:18:03.76 ID:kVP
    >>87
    増殖厨は論外だろ。「万引きされちゃうからなー」と同類。
    万引きされない様にするのは大事だけど、極論万引きする奴はそーいう奴。




      ゲームの中ではゆったり気ままに暮らしたいものです。






    最新の人気記事はこちら!

    この記事にコメントする

    名前

    ページトップに戻る▲